借金返済は家族同士の話合いもかなり大事

借金返済は家族同士の話合いもかなり大事

借金を返すのは一人の力では難しいものがあります。

 

 

 

自己破産をする為にも結婚をしている場合には話し合いが必然的に必要になりますから。

 

 

 

戦後の日本の選挙の投票率は、かなり低い水準を繰り返しております。
すごく話題になった選挙のときでさえ、せいぜい60%を超えるのが関の山。

 

 

 

お金を失って、返済もできない。金利がバカ高い。

 

 

消費者金融返済問題で困ったら仕事人のサイトがおすすめ。

 

 

http://借金返済の仕事人.com/

 

 

しかし60代以上の投票率は、他の世代よりも群を抜いて高い数字が結果として出ています。
なぜ若い人たちは、投票に行く割合が低いのか?考えたことがあります。

 

 

まず最初に思いつくのは、「自分1人くらい行かなくても、何も変わらない。」でしょう。
また行かないことで、何か不利益が自分にあるわけでもない、と言うのも大きな理由だと思います。

 

 

 

私が20歳になって初めて投票に行ったとき、緊張してたのを思い出します。

 

 

特に難しいことがあるわけでもないのですが、なぜか緊張していました。

 

 

なぜ私が選挙に投票に行ったかという理由と、若者世代の投票率が低いのは、日常の差にあると思います。私は20代前半まで実家にいましたので、投票時期がはっきり認識しやすい環境にあったということは大きかったと思います。成人している家族の分も届くからです。

 

 

 

この時に、「投票に行く」ということが、当たり前の行動になっていました。

 

 

 

そして、家庭内で政治に関する話題を良く家族と話していました。政治のニュースについての意見を言い合ったり、新聞記事の内容のことで話し合ったり。わりと若いうちから、支持政党は決まっていました。

 

 

投票に行かないと言う人の中には、政治に関して自分自身の意見がなかったり、支持政党がなかったり、という理由なのかもしれません。そして世代間の人数の差が大きく、投票率では及ばないということが、見えてしまっているからという理由の人もいることでしょう。

 

 

 

世代間の格差を埋めるためには、出生率を上げることが必要になってきます。

 

 

若者世代を増やすには、出生率を上げるしかないと考えます。子供が成長して、納税・労働世代になって貰うことが必須ですし。

 

 

 

もっと家庭内で政治談議を行うべきです。普段の生活に、政治経済の話をすることで、もっと興味をもつことに繋がっていくと思います。せっかくの参政権です。

 

 

 

無駄にしていると、政治家が間違ったときに後悔することにもなりかねない。

 

 

 

今はネットで簡単に情報が手に入ります。投票に行くだけの知識を、すぐに身につけることも可能だと思います。

 

 

 

選挙には数100億円というコストがかかっています。投票に行かないということは、自分の納めた税金を自ら無駄にするも同然だということになります。投票する人を決められないと言う人は、家族と同じ人を応援するのも1つの手だと思います。家族に聞けば、わからないことも教えてくれるでしょうし。

 

 

 

 

必要以上にハードルを上げなくても全然平気なことです。

 

 

自由度の高い任意整理がおすすめな場合と成功させるコツ

 

 

★任意整理って一体何?

 

 

・利用者の任意で利息カットや過払い金の請求が可能

 

 

 

任意整理、これはここ最近でかなり多くの方が利用している債務整理の方法の一つです。多くの人が利用していると言うからには、メリットが非常に多いと考えられます。

 

 

 

 

実際に、メリットが非常に多く、挙げていくとかなりの数にはなりますが、何よりもっとも注目すべきは、借入を開始した時点に立ち戻って、利息などの計算をし直し、将来的な利息をカットすることができる点と、過払い金の請求ができる、という点です。

 

 

 

また、任意整理という名前の通り、この債務整理の方法は利用者の任意によって内容などを決めることができます。

 

 

 

問答無用で借金が帳消しになる自己破産や個人再生と大きく違う点だと言えますが、その分だけ利息カットや過払い金請求ができたとしても、返済しなければならない借金の残額は多く残り易い傾向にあります。

 

 

 

ただし、この任意整理による恩恵をより受けやすい方、という人がおり、それに該当する方ならば、任意整理によってこれから支払うべき借金が無くなることはおろか、手元にお金が戻ってくるという場合もありますので、もしもそのケースに該当する方であれば、ぜひとも任意整理を行ってみることをおすすめします。

 

 

 

 

★任意整理がおすすめな方

 

 

・過払い金が発生している可能性が高い方

 

 

 

では、任意整理がおすすめな方について紹介したいと思います。まず第一に言えるのは、長期的に借金の返済を行っている方です。例えば、10年以上も借金の返済をしているの方です。

 

 

 

 

そのような方の場合には、法令が改正される前の違法な金利、いわゆるグレーゾーン金利という多額の利息を掛けられていた場合が多く、その余剰に支払っていた利息分の金額を過払い金として請求することができるのです。

 

 

 

また、過払い金請求が完済をしてから10年が期限であるのに対し、任意整理で行う場合は。まだ完済していないので、10年以上前に借り入れをしていた場合であっても、過払い金の請求が可能です。ですので、より長く借金を返済している方であれば、払い過ぎたお金が発生している可能性が非常に高く、また金額も積りに積もっているはずですので、もしかしたら借金が無くなる可能性もあります。

 

 

・将来的な利息が発生し易い方

 

 

 

次の場合は特に、過払い金が発生し辛い法改正があった2007年以降に借り入れを行っている方が該当しやすいケースです。ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、過払い金が発生し易いのは、2007年までに借入を行っていた場合だけであり、それ以降はグレーゾーン金利をほぼ全ての金融機関が適応しなくなったために、それ以降に借り入れをしていた場合には、過払い金によるメリットは殆ど受けられません。

 

 

 

 

ですので、それ以降に借り入れをしている方にとっては、任意整理による過払い金請求、ではなく、任意整理による将来的な利息のカットを目標にすると良いでしょう。
この利息のカットとは、利息の金額があまりにも大きくなりすぎていたり、遅延などによるペナルティ金利が重なって、返済が立ち行かないというような場合には非常におすすめです。もしも、このようなケースに陥っていたら、自身の返済能力ではどうしようもなくなってしまったときに、任意整理をするといいでしょう。

 

 

すると、利息のカットによって、返済がし易くなります。

 

 

また、このようなケースは通常の借入ではなく、クレジットカードによる借入を行っている場合にも非常に有効です。

 

 

 

最近、何かと話題になっているリボ払いですが、このリボ払いは毎月返済額が少額である、ということを積極的にアピールしています。しかし、その裏では支払金額は低いけれど、通常のクレジット利用よりもはるかに多くの利息を請求するという仕組みになっているのです。

 

 

 

ですので、このような毎月の少額返済による借入を行っている方の場合には、任意整理によって金利のカットを行えることがあります。もちろん、それは通常のキャッシング利用であっても同様のことが言えますので、利息のカットによる恩恵を受けやすいのは、毎月少額返済を行っている債務者、ということが言えます。

 

 

 

http://xn--o9jo946y7egn2c2r4cfa783dga279v.com/

 

 

 

★任意整理には成功と失敗がある

 

 

 

・任意整理にかかるコストを抑えてはいけない

 

 

 

以上のように、メリットがある人にとってはかなり有効な債務整理の手段である任意整理ではありますが、人気とは裏腹に失敗してしまう可能性が高い、というデメリットがあります。

 

 

そもそも、任意整理は自身、もしくは依頼をした行政書士か弁護士が、債務者の借入先との交渉によって行う債務整理です。

 

 

ですので、自身の望む結果にならない場合もありますし、利息も減らず、過払い金も返ってこないようなことも実際にあり得ることなのです。

 

 

ただし、このような失敗を避ける方法もきちんとあります。それは、実力がある弁護士に任意整理を依頼するという方法です。

 

 

 

正直なところ、任意整理の失敗は概ね、費用を少なくするために実力も実績もない適当な弁護士や行政書士に依頼をしてしまったがために起きてしまった、というケースばかりなのです。

 

 

 

しかし、これまでにきちんと成果を残してきており、金融機関にも名前も知られているほどの有名な弁護士に依頼をすれば、失敗率がかなり下がります。要するに、金融機関が敵に回したくないような弁護士を探せばいいのです。

 

 

 

もちろん、費用は掛かりますが、その費用は無駄にはなりませんし、お金を少しでもケチって、失敗をしてしまった方が損失は大きくなってしまうことでしょう。ですので、コストを抑えようだなんて考えてはいけません。

 

 

・弁護士に依頼をするメリットもある

 

 

また、しきりに弁護士に依頼するように、と言っていますがここにも任意整理の成功のポイントがあります。

 

 

 

まず、行政書士では140万円以上が関わる債務整理は行うことができないということが挙げられます。折角依頼をしたのに、借金の金額が高すぎて門前払い、なんてことも十分にあり得ます。

 

 

そして、次が最も大事なことです。交渉をしている際に、裁判にまでなってしまうこともあり得ないことではありません。裁判をするのであれば、弁護士は必ず必要になりますし、行政書士は簡易裁判にしか代理人となることができません。

 

 

 

したがって、家庭裁判などに上訴された場合には、結局弁護士を雇うことになりますし、雇わなければ自身が法廷に立つことになり、相手が用意した弁護士と戦わなければならなくなります。もちろん、ここで敗訴となり任意整理そのものがおじゃんになってしまう、ということも実際にあったことです。

 

 

 

 

ですので、費用にはあまり糸目を付けず、任意整理の成功率を上げるためにも弁護士に依頼をするのがおすすめなのです。